FC2ブログ
     

SF『クワント(КВАНТ)』


●告知●論語はこちら、紀行文はこちらへ移転しました。

◎  スポンサー広告/スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  4.木星往還編/木星往還編:登場人物・用語 

 

登場人物


トキア
トキア
AI。女性クワント。名前の由来はロシアの女性名、エフドキア(Евдокия)から。意味は辞書を引いても出てこない。ロシア語wikiをググり訳すと「のれん」らしいが、たぶん神殿や聖像に掛けられた、カーテン状の荘厳具しょうごんぐのことと思われる。もし日本語にするなら「簾子れんこ」?
義体化後は黒髪黒瞳黄肌。切れ上がった目をしており、美人だがややキツ目の若い女性。パトルの使者→のちにセレスでのレナの秘書。以降のエゴ定義は’さすらいのクワント’。戦闘AI。レナ以外と話したがらなかった。クリスタルの色はこげ茶。カーラと同じく、刻印が見えない。色はたぶん薄くなる予定。ボウ星系時代に、親衛隊員として暗殺任務に当たらされ、その悪夢を引きずっている。その代わりに正義感が強く、弱い者を体を張って守りたがる。その他の欲望は弱く、質素な生活をしている。
義体デザイン参考:『ヨルムンガンド』のカレン・ロウ中尉。

レナ・ウィルキマルティ博士
レナ・ウィルキマルティ博士
人間。女性クワント。名前の由来はロシアのレナ川、または女性名のレナ(Лена)から。遡るとギリシア神話に出てくる絶世の美女ヘレネー、さらに遡ると、スパルタの樹木神の名前だったらしい。ヘロドトスは実在の人物として扱っており、あまりの美女ゆえにさらわれて、その結果トロイ戦争が起こったという物騒な女性だったらしい。作者が創作すると、たいてい女医さんが出てきて名前がレナになる理由はわからない。ウィルキマルティは作者がラーメン屋で思い付いた造語だが、イタリア系のつもりはない。
作中のレナは生体の灰髪茶瞳黄肌。眠そうな目をしたアラサーの美女。名前の通り物騒で、ボウ星系副統領だったが、パトルとの間の息子を殺され、イチゴ彗星→セレス居候、兼医師に。生物学者。元「ルルチーム」の一人で、辺境探索の際に遭難。そのままブラックホールに引き込まれ、娘宇宙に転移したらしい。元宇宙で’学問の女神’として崇められていた。当人は飾り気のないサバサバしたお姉さま。だがボウ星系建設に伴う生成で、自我コードはかなり傷ついている。喫煙者で酔っ払い。
生体デザイン参考:『ヨルムンガンド』の天田南博士。

イチゴ2号
イチゴ2号
AI。女性クワント。船体化。貨物船「ミルヒ・クー号」の船体クワント。船長ロミからの呼び名は「ニゴー」。イチゴー同様、人間大のクリスタルに乗っているが、いずれ人型義体化の予定。イチゴー同様、番号で名付けるとは人格無視も甚だしく思えるが、ラオのAIたちもαアルファーβヴィタγガマ…で似たようなもの。当人たちも不思議に思っておらず、作中の未来人は名前の神秘性に価値を置かないようだ。クリスタル刻印は「QUANT-1525」。

パトル・ワシリーエフスキー
パトル・ワシリーエフスキー
人間。男性クワント。名前の由来はピョートル大帝と、ソ連赤軍のワシリーエフスキー元帥から。
ボウ星系統領。高度な知性と鋼鉄の意志を持つ。元宇宙では、孤立し退化した星系の一君主。だが民のため良かれと努力した結果は、多数の民の死だった。臨終に「わしを見て、人がどんなに哀れな生き物か知るが良い」と言うなど、凄惨な人生を歩んだのち、偶然現宇宙に転移した。人間クワントだがクリスタルを首に掛けている理由は、科学技術の知識が無く、即座の生成が出来ないため。
義体デザイン参考:ピョートル大帝。

ソナヘン
ソナヘン
人間。男性クワント。名前の由来は「そなへんの人」から。
ボウ星系執事。元漂流者。新宇宙へ転移できた理由は不明。クリスタルを首に掛けている理由は、パトルと同じ。

用語


診療室
レナが住む、イチゴ港1G区画に係留されたはしけ。チョリソーソーセージ形。居室のほか診療室、研究室、農場などがある。タバコ畑あり。

トンテン
桃源近傍にある、鉱業作業小惑星→セレスに降着してプラントに。

カンテン
桃源近傍にある、工業作業小惑星→セレスに降着してプラントに。

キララ
桃源近傍にある、エネルギー供給小惑星→セレスに降着してプラントに。

セレス
ラオたち一同が、月設置と生活圏拡張のため移住した、小惑星帯で二番目に大きな天体。準惑星。直径約千km。トンテン・カンテン・キララは、それぞれの作業ユニットとして着地。桃源とイチゴ彗星は、セレスの衛星として周回。

ミルヒ・クー号(I.C.S. Milchkuh)
ロミたちが持つ星間貨物船。全長20km。桃源とほぼ同じ大きさ。クジラ形で、出っ張りがない。惑星ガス採集時には、巨大ガス惑星に突入し、内部のタンクにガスを貯める。意味は「乳牛」。船名の元ネタは、補給型UボートXIV型の愛称。

ゴマシオ号(I.C.S. Gomashio)
ロミたちが持つ潜宙艦。艦形は全長1kmと小さく、アザラシ形。表面を完全黒体化しており、見つかりにくい。レーザー、反物質魚雷、重粒子砲、衝角、強ガンマ線を放つベテルギウス砲を装備。



次章、セレスの一員として彼女たちが加わります。

BGM:えむゆーずさまより拝借。

≫セレス編へ
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

back to PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。